はじまりの朝。40歳の妻と43歳の夫が経験した、赤ちゃんをお空に見送った物語り

0
731

【第1話】只今、妊娠3週1日(妊娠1ヶ月目)

「ねぇねぇ、妊娠してる!」

日曜の朝、僕は妻の興奮する声にゆり起こされた。

「えっ? なに?」
「いま妊娠検査薬で調べたら、陽性って出たの!」
「おっ、おう……」

ちょっと見せて欲しいと妻に言い、妊娠検査薬ドゥーテストを確認させてもらった。そこにはくっきりと赤の2本線。陽性判定。妊娠しています、と結果が出ている。

「まだ検査するには早い時期なんだけど、妊娠しているんじゃないかって気がしてやってみたのよ」

通常、妊娠検査薬は生理予定日の約1週間後から使用できる。でも妻が検査したのは、ずばり生理予定日。妻が出やすい体質なのか、ドゥーテストが高性能なのかはわからないが、妊娠超初期にも関わらず判定をくだしてくれたようだ。

スポンサーリンク

妊娠発覚から始まるブログ。新型出生前診断や染色体異常について知りたい方へ

さて、ここから始まる連載ブログは、「40歳の妻」と「43歳の夫」が経験した、赤ちゃんをお空に見送った物語り。

こののち僕たちは、大きな試練を受けます。染色体を調べる新型出生前診断、NIPT(non-invasive prenatal genetic testing)という検査を受け、お腹の赤ちゃんが18トリソミーという非常に重い先天性疾患を持っていると告げらるのです。

夫婦で何度も話し合い、知らないことをたくさん勉強し、罪悪感と葛藤しながら何日も悩み抜きました。

近年日本では、晩婚化にともない高齢出産が増加しています。先天性疾患の原因となる染色体異常は、妊婦が高齢になるほど急激に高くなるという統計があります。おそよ35歳から急カーブを描くように。

おなじようなことで悩む女性・ご夫婦も増えて行くかもしれないと思い、僕たちが経験したことを記することにしました。僕たちのは名前は伏せて匿名にしていますが、内容は実際に経験した真実です。

このサイトに辿りついた方は、何らかの理由で新型出生前診断、染色体異常、先天性疾患などについて知りたい方でしょう。

NIPTとはどんな検査なのか? いつ、どうやって受けることができるのか? 夫婦は何を話し合わないといけないのか? もし陽性だったら……?

記事は日記形式なので、追体験をしながら学べると思います。世の中の一例として、ぜひご一読ください。

 

また、急いでいる方、必要な情報をすぐに見たい方は、サイトのトップページに記事一覧をまとめていますので、こちらから目的の情報を探してください。

次の記事妊娠3週2日、産婦人科での超音波検査で赤ちゃんの姿はまだ映らず
このブログは「40歳の妻」と「43歳の夫」が直面した実話を綴っています。妻が妊娠10週目に染色体を調べる新型出生前診断(NIPT)という検査を受け、お腹の赤ちゃんが18トミソリーという非常に重い先天性疾患であると告げらるのです___。 近年日本では、晩婚化にともない高齢出産が増加しています。先天性疾患の原因となる染色体異常は、妊婦が高齢になるほど急激に高くなるという統計があります。おそよ35歳から急カーブを描くように。おなじようなことで苦悩するご夫婦が増えて行くかもしれないと思い、私たちが経験したことを記することにしました。 【免責事項】記事内では実在する病院が登場しますが、当サイト運営者の記憶を頼りに日記として書いていますので、必ずしも正しいとは限りません。可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA