妊娠3週2日、産婦人科での超音波検査で赤ちゃんの姿はまだ映らず

0
580

【第2話】只今、妊娠3週2日(妊娠1ヶ月目)

妊娠検査薬で陽性(妊娠しています)と判定が出た翌日、妻は会社に「半休します」と連絡し、産婦人科へ検査を受けに行った。妊娠超初期での検査薬だったため、それが事実がどうかを確認するためだ。

そこまで慌てなくても良いと思うのだけど、妻は妊娠がとても嬉しそうだ。

そうそう、僕たちは今回、二人目の妊娠。
すでに2歳になる男の子がいる。

妻が37歳、僕が40歳のときに生まれた長男だ。

高齢出産にも関わらず、元気な赤ちゃんが生まれたことはとてもありがたいこと。そんな僕たちが二人目を望むのは贅沢なんだけど、夫婦共に「やっぱり兄弟は欲しいよね」と意見が一致した。

二人目が欲しくなった理由は、将来兄弟がいた方が心強いだとか、息子の育児を経験して子供の可愛さを知ったとか、まわりに影響されたとか、いろいろ。ただ、二人目が欲しい熱は、どうも妻の方が強いようだ。

だからこそ、妊娠検査薬の説明書に書かれているよりも1週間早く検査をしたり、喜び勇んで病院へ行ったりしているのだ。

スポンサーリンク

超音波検査で赤ちゃん映らず。白いモヤのみ

月曜日の朝9時45分、産婦人科にいる妻からiPhoneにメッセージが届いた。

「まだ4週目くらいで、超音波検査では赤ちゃんの姿は映りませんでした。この白いモヤがおそらくそうなんだろね、って感じ。でも、妊娠は妊娠で確定でした!」

うおお、本当に二人目が妊娠した!

妊活を始めて半年以上たっていたので、僕は半ば諦めていたのだ。やっぱり高齢だもんな、一人授かっただけでもありがたい、と。

ちなみに、今回の医療費は2万数千円。
妊娠・出産にかかる医療は健康保険適応外。病気ではないので医療費は100%実費で支払わないといけないのだ。しかも母子手帳はまだもらっていないので、割引チケットも適応外。

政府は少子化対策に熱心なふりをしているけど、こういった医療費負担が若い夫婦(僕たちは高齢だけど)の経済状況を圧迫しているよなぁ、とつくづく思う。

前の記事はじまりの朝。40歳の妻と43歳の夫が経験した、赤ちゃんをお空に見送った物語り
次の記事妊娠5週0日、2度目の産婦人科検診。超音波検査で胎のう確認、妊娠確定!
このブログは「40歳の妻」と「43歳の夫」が直面した実話を綴っています。妻が妊娠10週目に染色体を調べる新型出生前診断(NIPT)という検査を受け、お腹の赤ちゃんが18トミソリーという非常に重い先天性疾患であると告げらるのです___。 近年日本では、晩婚化にともない高齢出産が増加しています。先天性疾患の原因となる染色体異常は、妊婦が高齢になるほど急激に高くなるという統計があります。おそよ35歳から急カーブを描くように。おなじようなことで苦悩するご夫婦が増えて行くかもしれないと思い、私たちが経験したことを記することにしました。 【免責事項】記事内では実在する病院が登場しますが、当サイト運営者の記憶を頼りに日記として書いていますので、必ずしも正しいとは限りません。可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA