妊娠5週0日、2度目の産婦人科検診。超音波検査で胎のう確認、妊娠確定!

0
470

【第3話】只今、妊娠5週0日(妊娠2ヶ月目)

最初の産婦人科での検診からおよそ2週間後、土曜日に2度目の検診へ向かった。

今回は妻一人だけではなく、僕も、2歳の息子くんも一緒だ。初夏の気持ちいい気候のなか、家族みんなで産婦人科へ出かけた。

スポンサーリンク

エコー検査で妊娠超初期の胎芽を確認

息子くんは病院のなかを走り回るので、僕は追いかけるのに苦戦した。無理矢理動かないように抱っこしていれば良いのだろうけど、そうすると「うわああん!」と体を仰け反らし嫌がる。まさに2歳児のイヤイヤ期といったところだ。

僕は息子を座らせたり、抱っこして歩いたりしながら、楽しませようと努力した。「おっ、こんなところにアンパンマンがいるぞ!」とか。

さて、妻は今回も超音波検査を受けた。お腹にエコーをあてて、子宮にいる胎児のようすを診る検査だ。ただ、この妊娠超初期は胎児ではなく胎芽(たいが)と呼ばれている。受精卵が子宮に到達し、子宮の壁にくっついた状態。卵というか、とても小さな袋がある状態だ。

今回の超音波検査では、その袋が見えたようだ。

所見は問題なし。
順調、順調。

また、出産予定日も告げられた。
3月4日ということだ。

そして今日現在は、妊娠5週0日。
妊娠2ヶ月目となる。

ようやく僕も実感が湧いてきた。

妊娠初期は流産リスクが高い。周りの人への報告はまだ

ただ、妊娠初期は流産の可能性があるので、ぬかよろこびにならないよう、僕はできるだけ客観的に現状を把握しようと意識した。なんだか冷たいように感じるかもしれないが、ダメだったときに夫婦ふたりともで落ち込まないよう、僕はそうしたのだ。

「まだどうなるかわからない。会社の人や友達に言うのは、もう少し先にしようね」と、妻には言った。

とはいえ、やっぱり嬉しい。子供が二人いる家庭を想像すると、思わず笑みがこぼれそうになる。僕たち夫婦は元々子ども好きでは無かったのだが、長男の育児を通じて子どもの可愛らしさを知り、すっかり夢中になった。

さて病院のあとは、以前から気になっていた古民家カフェへランチにいった。ここは畳が敷かれた和室で、幼い子供が自由に動けるのでとても良い。しかも線路沿いにあるので、息子くんは大好きな電車を窓から眺めることができる。

僕だけビールを注文し、妻はお酒はしばらくガマン。ごめんねと思いつつ、ビールとお茶で乾杯をした。

前の記事妊娠3週2日、産婦人科での超音波検査で赤ちゃんの姿はまだ映らず
次の記事妊娠5週4日、役所に妊娠届出書を提出し母子手帳を手に。マイナンバーと身分証明書を忘れずに
このブログは「40歳の妻」と「43歳の夫」が直面した実話を綴っています。妻が妊娠10週目に染色体を調べる新型出生前診断(NIPT)という検査を受け、お腹の赤ちゃんが18トミソリーという非常に重い先天性疾患であると告げらるのです___。 近年日本では、晩婚化にともない高齢出産が増加しています。先天性疾患の原因となる染色体異常は、妊婦が高齢になるほど急激に高くなるという統計があります。おそよ35歳から急カーブを描くように。おなじようなことで苦悩するご夫婦が増えて行くかもしれないと思い、私たちが経験したことを記することにしました。 【免責事項】記事内では実在する病院が登場しますが、当サイト運営者の記憶を頼りに日記として書いていますので、必ずしも正しいとは限りません。可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA