妊娠5週4日、役所に妊娠届出書を提出し母子手帳を手に。マイナンバーと身分証明書を忘れずに

0
828

【第4話】只今、妊娠5週4日(妊娠2ヶ月目)

この日、僕たちは自宅の近くにある区役所の出張所で、母子手帳を手にいれた。

朝、2歳の息子くんを保育園に送り届け、夫婦で役場へ。息子くんが妊娠したときもおなじ場所へ来たので、ちょっと慣れた感がある。

スポンサーリンク

産婦人科で妊娠が確定したら、役所へ妊娠届け

「妊娠しましたので、妊娠届けを出しにきました」
「おめでとうございます! それでは、この妊娠届出書に記入してください」

妊娠届出書は、特に難しいものではない。市区町村によって多少の違いはあると思うが、記入の項目は以下のとおり。

  • 妊婦
  • 氏名
  • 年齢
  • 居住
  • 電話番号
  • 世帯主氏名
  • 妊娠週数
  • 出産予定日
  • 性病に関する健康診断(血液検査)を受けたかどうか
  • 結核に関する健康診断を受けたかどうか
  • 妊婦の診断又は保健指導を受けた医師又は助産師
  • 初めての出産ですか?

かかりつけの病院名や助産師名の欄があるので、妊娠検査薬の結果だけでは妊娠届出書は提出できない。産婦人科での検診を受けてからの届けとなる。

妊娠届け、マイナンバー(個人番号)と身分証明書を持参

ただ今回は前回と違い、個人番号を書く欄が追加されていた。個人番号とは、2016年1月から導入されたマイナンバー制度のことだ。マイナンバーは現在、税、社会保障、災害の3分野での活用が定められており、おそらく妊娠は社会保障に関わるのだろう。

マイナンバーの利用は本人確認とセットなので、これから妊娠届出書を提出される方は、個人番号(マイナンバー)と身分証明書(運転免許証やパスポート)を忘れずに持参する必要がある。

さて、いよいよ僕たちは晴れて2冊目の母子手帳を手にいれた。

やっぱり嬉しいね!
僕も妻も心が晴れ晴れ、とても朗らかな気分になった。

前の記事妊娠5週0日、2度目の産婦人科検診。超音波検査で胎のう確認、妊娠確定!
次の記事妊娠6週1日、妊娠の報告は必要最低限で。保育園の親睦会でも妊婦さんがチラホラ
このブログは「40歳の妻」と「43歳の夫」が直面した実話を綴っています。妻が妊娠10週目に染色体を調べる新型出生前診断(NIPT)という検査を受け、お腹の赤ちゃんが18トミソリーという非常に重い先天性疾患であると告げらるのです___。 近年日本では、晩婚化にともない高齢出産が増加しています。先天性疾患の原因となる染色体異常は、妊婦が高齢になるほど急激に高くなるという統計があります。おそよ35歳から急カーブを描くように。おなじようなことで苦悩するご夫婦が増えて行くかもしれないと思い、私たちが経験したことを記することにしました。 【免責事項】記事内では実在する病院が登場しますが、当サイト運営者の記憶を頼りに日記として書いていますので、必ずしも正しいとは限りません。可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA