妊娠11週2日。検査結果を待つ日々、妻が18トリソミーの夢を見た……

0
1392

【第9話】只今、妊娠11週2日(妊娠3ヶ月目)

新型出生前診断(NIPT)の検査結果をお伝えする前に、少し息子くんのことを。

スポンサーリンク

2歳の息子、3,000g台で生まれて現在15kg

わが家の長男、息子くんはただいま2歳。

最近、成長がいちじるしく、検査の翌々日、注文していたオマルが宅急便で届いた。少し前からトイレトレーニングを始めていて、いよいよマイトイレを買ったのだ。

丸っこいフォルムと柔らかな色合い。ホッとさせてくれるデザインだ。子ども用品が溢れるわが家は、ずいぶん柔らかい印象になった。

そんな癒しのオマルを僕が組み立てている最中から、息子くんは大喜びしながらオマルにまたいでいる。ほんと息子くんは、わが家の癒しの存在だ。生まれたばかりの頃は、慣れない育児と夜泣きに夫婦でフラフラになっていたが、徐々親子共に成長し、すっかり家族の一員として馴染んでいる。お話しもできるようになり、息子くんが一生懸命話している姿は、とにかく可愛くて、可愛くて、仕方がない。

先日は、外食先のインド料理店で、子ども向けのランチを初めて全部たいらげた。カレーライスをもりもりと食べて、デザートのアイスクリームに満足していた。

生まれた時は3kg台だったのが、今では15kgもある。首も座っていないか弱い赤ちゃんが、今では走り回っている。妻が一生懸命産んでくれたのは、ついこないだのような気がするが、今では息子くんがいない生活は想像できない。

NIPTの結果が出たら、周りのみんなに第二子が妊娠したことを報告しよう。そして、新しい赤ちゃんを迎えることができるよう生活環境を整えよう。ワクワクする気持ちが高ぶってくる。

早く検査の結果を聞いて安心したいな!

NIPTの検査から6日後の朝、妻が夢をみた

朝、目覚めると、妻が「ねぇ、夢を見たの。検査の結果が告げられる夢で、18トリソミーって言われたの」……と。

「なんだよ、それ」
「だって本当なんだもん」

こんなことってあるんだろうか。僕はスピリチュアル系というか、非科学的なことは信じられない性格なのだが、3日後、まさにそのことで震えることになったのだ。

前の記事妊娠10週3日、新型出生前診断(NIPT)の検査日。腕からチクリと注射で血液を採取するだけ
次の記事妊娠11週5日。新型出生前診断(NIPT)検査結果は陽性、18トリソミーでした
このブログは「40歳の妻」と「43歳の夫」が直面した実話を綴っています。妻が妊娠10週目に染色体を調べる新型出生前診断(NIPT)という検査を受け、お腹の赤ちゃんが18トミソリーという非常に重い先天性疾患であると告げらるのです___。 近年日本では、晩婚化にともない高齢出産が増加しています。先天性疾患の原因となる染色体異常は、妊婦が高齢になるほど急激に高くなるという統計があります。おそよ35歳から急カーブを描くように。おなじようなことで苦悩するご夫婦が増えて行くかもしれないと思い、私たちが経験したことを記することにしました。 【免責事項】記事内では実在する病院が登場しますが、当サイト運営者の記憶を頼りに日記として書いていますので、必ずしも正しいとは限りません。可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA